狼と圧縮での打点の通り

  • 2017/02/09(木) 08:42:27

絶剣に捧ぐ・・・





確か当たり前だったけど実際に書いてみたことないなと思ったので。
上から圧縮率、横が期待値です。


1/5
6/30
2点 1.27 
3点 1.5
4点 1.55
7/35
2点 1.27 
3点 1.5
4点 1.56
8/40
2点 1.27
3点 1.51
4点 1.57


1/4
7/28、8/32
2点 1.11
3点 1.22
4点 1.17


1/6
6/36、7/42、8/48
2点 1.38
3点 1.71
4点 1.87


3点と4点の均衡点
7/31
2点 1.19
3点 1.35
4点 1.35

8/35
2点 1.18
3点 1.34
4点 1.34


以下、考察

押さえておくのは均衡点ですね。
相手の圧縮が1/4当たりだとどんなに打点を通そうとしても作れるのは3点が限度です。
ですからほとんどの場面で高い打点を作っていくと覚えておいていいでしょう。

それ以外のよくある1/5とかの圧縮は手札の消費と相談ですね。
2点と3点では、CX1枚捨てても0.23点ほどの上がり。3パンでも0.7点程度の上がりです。
1/4の圧縮率では0.33点の上がりです。
勿論、次の周に戻すときは張った方が良いでしょう。

打点を通すためにクロックでCXを引きにいくという人がいますがどうでしょうか。
点差のみを考えると1/6が3パンでの均衡点です。
ドラ、手札の質、返しの生存率も考慮する必要があるでしょう。

唯一低い打点を作るのは、試行回数を稼げなく、かつ勝ち濃厚な場面です。
ここの2点きっちり取ればひっくり返せないでしょう、みたいな場面です。
最近は山削り用のカードを積んでいる人が多いので、割とある場面だと思います。
具体的には3.3.3全キャン→リフみたいなことをされない限り負けない状況とかですね。



以前は1周目の圧縮率を見てみましたが今回は2周目以降を見てみました。
割とつまらない考察になったと思います。

あるとすれば圧縮率が高いと強いということですね。
1/4と1/5では3点を通そうとすれば毎ターン0.84点の差が開きます。
2点なら0.48点の差が開きます。

この差はかなり大きいと思います。
毎ターンですし、何より点差を縮めようとしても貼れるCXには限界があります。
相手も貼ってくるわけですしね。
それくらい、相手の打点を1回キャンセルできる期待があるというのは大きいです。





今期は地区出ると思います。
交流会から復帰する予定です。楽しみですね。
それでは良い一日を。