狼と構築の軌跡

  • 2016/06/25(土) 07:47:15

絶剣に捧ぐ・・・



今回は仙台で使用したTPの構築を真面目に解説します。
初心者の方は、レシピよりは、なぜそのカードがその枚数積まれているのか?自分と違うところはどこなのか?を見ていくと良いでしょう。

LV.0 18枚
3楓3500移動
4赤相殺
1黄相殺
4オカケン
2凜4ルック
4集中

LV.1 15
4正面のレベルが高いとフロントできないあれ6500
3ボトム行く凜6500
2CIP7500
3レベル応援
3赤2000拳

LV.2 1
1早出しメタのシナジーで1引ボトム送り

LV.3 8
4早出し凜
4連パン凜


僕がデッキを組むときの構造は全部上記と同じ構造になってます。
具体的には、

アタッカー
>初手、先発
>2ターン目以降に出ていくキャラ
ダイレクトアタッッカー、システム
後列


これらをレベルごとに並べてます。
で、LV.0のアタッカーは9枚、LV.1のアタッカーは8枚、LV.2以降は12枚みたいな感じです。
ちなみにこのTPは大将が持ってたのを自分なりに替えたデッキで当日しか使ってません()


ここからはピック基準の説明です。
上から順に説明していきます。

楓ですが、先発の初手アタッカーはどんなデッキにも3枚は確保しましょう。
黄の移動は色が悪く3パンに弱いので不採用。
赤相殺はプール中最強のアタッカーです。仮想敵はデレマスと化です。ダイレクトアタッカーとしても運用可能、相手はLV.1で1001貼ってきます。ダイレの2点から3点への増加は無意味でした。置きブならストック分の価値はあるんですが、1001のシナジーに対しては非常に強力な壁になります。相手は背に腹は替えられないので1001を打つしかありません。
黄相殺は対化でオカケンからのシルバーバレット用です。超刺さります。
オカケンはダブっても引きたいので4枚。優秀なエンジンでありリソースでもあります。相手より1ターンでも早く、1枚でも多く盤面を築きたいです。序盤に最優先で取りに行くアドバンテージは手札でしたね。カードゲームは資本主義でした。序盤の手札1枚は終盤の手札の価値とは真逆です。ライフは1まで掠り傷。ライフをリソースとするカードは基本強いです。例えるなら銀行から金を借りるようなものです。まずは資本を増やしましょう。ただし手遅れにならないぎりぎりを見極めるのが大切です。
4ルック凜は疑問手。抜ける筆頭。手札の質にはさほど困らなかった。ダイレクト枠にぶつけるくらいしか役割がないんだけど相殺ぶつけた方強いよね・・・4ルック凜はストック使わないけど、序盤でストックが足りなくなるようなことってありません。逆に手札はいくらあっても足りませんよね。オカケンなしで凜使ってるとLV.1でストックとライフは勝るんだけど、盤面で負けるんですよね。例えば拳1枚の差だったりシナジーだったり。1コスを手アンに回したところでその500上のラインは仮想敵上、大した意味を持たないんですよ。で、盤面の差が結局ストックとライフの差をひっくり返してしまうので序盤は手札の量が何より重要ってことです。
似た理由で小梅も解雇。LV.3で出すらしいけどそのためには圧殺になるんだよね・・・手札もったいないし、実際回しててCXは寧ろありすぎて困るくらいだったから不採用です。ってかシステムって腐らないLV.0なんだけど、序盤引いたら弱い。終盤強い。だったらLV.3入れればよくね?って思うから僕のデッキはシステムはかなり少なめにしか採用しない。採用するのは基本オカケンくらいかな~。
集中は確定枠。
LV.1アタッカー9枚。元は1/1/7000手アンとか入ってたけど重いから抜いた。厳しい試合展開がLV.2までに6コスしかたまらない速い試合。ここでいう6コスっていうのはLV.2までに使える合計ストックのこと。遅い試合だと10コスとか出せるから、レベル応援と集中にも割けるけど、6コスだと早出しまでできない。あと仮想敵の関係上7000ってラインを取る意味がない。手アンの魅力より重さが気になった。4,3,2って配分は早出しに頼る分、LV.1の割り合いと差別化を意識しました。
拳とレベル応援3枚は定跡形。
LV.2早出しメタは抜ける筆頭。杏への回答策だったけどそもそも対応握れないってことに当日回してて気づいた。1回も使ってない。そもそも早出しいない。
美夏不採用の理由は打っても+にならないから。握る労力と腐る可能性のほうが気になった。
LV.3のハナコ不採用の理由はそもそも防御札とはなんなのかって話。僕はLV.3でアタックフェイズに手札とコストを払えるかどうかを一つの基準にしてます。それがゲーム終了時にストックと手札を初めとする全てのアドバンテージをライフに変換できるかどうかの基準だからです。防御札ってのはそのためにあると思ってます。回復するために積んでるカードは効率が悪いです。凜でストックと手札は変換できるのでハナコを握る暇があったら凜握りましょう。
杏不採用の理由は凜で事足りるからってのが大きいです。3面早出しするわけじゃないですし、凜が出ないってことはほとんどないです。
細かいところだと最高のチームみくの不採用理由ですが、盤面捨ててまで手札のCXに困る場面がないってのとストック飛ぶ確率が低いから。使える場面がLV.0のダイレクトに当てるか、中盤以降のチャンプ、ダイレに当てるくらいですよね。僕が組むデッキは基本そういう風にできてません。前者は他に役割持ってるキャラがいますし、中盤以降チャンプします?LV.1をしっかり組んでればいくら相手が強かろうと遅れを取ることはないと思うんですが・・・それに盤面をとるためにシステムを採用してると思うんですがどうでしょうか。
他の方々のTPを見てると4ルックとみくと小梅でシステムが7とか8とかですね。自分のはオカケン含めて6です。ただオカケンはアタッカーみたいなものですね。


めっちゃ長くなりましたが、こういった考えに基づいてピックしてます。後はダメージを通すと相手が有利になる~とか、序盤と終盤で重要なアドバンテージはなんなのか?それらを取るためにはどんなカードが必要なのか~とかを意識していくといいでしょう。そして常に仮想敵を忘れずに!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する