狼とミッドレンジシャーマン

  • 2016/12/26(月) 07:51:48

絶剣に捧ぐ・・・



先日はクリスマスでしたね。

そんなことより今月はハースストーンの新パック、ガジェッツァンが追加されてモチベが上がっていました。
ミッドレンジシャーマンでレジェに上がったので記念に構築を残しておこうと思います。

ミッドレンジシャーマン


過程としては・・・
ランク4くらいまでレノロックやらアグロやら。
2までレノメイジ。
レジェまでミッドレンジシャーマンです。

本当はメイジで上がりたかったんですが無理でした。
ただ、レノロックよりはメイジの方が勝てましたね。
メイジは除去が引ければアグロにはほぼ負けません。
プリーストに対して除去が追い付かなかったり、レノロックに対して弱かったりと、難しいデッキです。

レノロックはアグロに対して弱いっていうのと、レノを引かないとミッドレンジ系にもヒロパが縛られて厳しい印象でした。
ポテンシャルは感じましたけどね。

それと上記2つのレノ系はあまり見ませんがゴーレムドルイドに歯が立ちません。
さらには最近増えているローグにもほぼ勝てませんでした。

ランク2くらいで足踏みしてるときにシャーマンを使ってみたら意外と勝てて自分でも驚きました。

アグロにはAOE4枚体制で受けれます。
問題だったローグにも呪術で受けが成立してました。
ドルイド、プリーストには火力で押し切る展開が多かったです。

一番大きい要因はアグロしかいなかったことですね。
ランク2くらいから9割はアグロだったんじゃないでしょうか?
レノ系のデッキ、特にメイジにはほとんど勝てないと思います。



以下は細かい構築の話です。

野獣の精霊の不採用はアグロに対して強い、が売りみたいですが僕自身はそうは感じませんでした。
寧ろ、バリューの低さによる中盤以降のトップデッキに弱い点。4/3/6に弱い点。AOEに比べ、1ターン相手の好きに盤面を構築させてしまう点、が目につきましたので不採用です。

普通はマナの湖のトーテムはピンがテンプレなんですが、僕は一貫性がない構築は嫌いなので、マナカーブを合わせるとき以外は基本2積みです。

勝ちパターンにはこのトーテムの貢献がかなり大きいです。

トーテムは相手の除去を吸ってくれます。普通、相手としては、トーテムは放置して盤面構成、その後、盤面でトーテムを取る。形勢はこちらが3マナ2ドローしたって形になるのですが、これをわかっていない相手が多くて見かけたら即除去を撃ってくれます。おかげで相手が除去を捨てるだけなので形勢有利になります。
もし盤面を急いできてもAOEで返すことができるので割とこのトーテムはいい仕事します。

注意点は盤面で先行していないと弱いこと、そこだけは気をつけましょう。


海賊にした理由はちんけなバッカーニア、パッチーズが強すぎること。
1/2/1疾走はバリューが低いので不採用。

翡翠はブラン、4/2/3ゴーレム召喚、アヤパンも試しましたが盤面で遅く、バリューゲームではドルイド、プリースト、レノの速度に追い付かれるため勝利に貢献しないと感じ抜きました。翡翠は火力が出るところ、フレタンとの相性だけ採用です。

試合の流れとしてはミッドレンジでも遅めの展開になります。
武器、スペルダメからAOE、マナ湖のトーテムを守りながらハンドアドバンテージをつけて勝つのが基本です。
アグロにもミッドレンジにもしっかり受けれるデッキです。
かなり僕らしいミッドレンジシャーマンになってると思います。
良かったら試してみてください。


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する