狼とBO3

  • 2017/04/11(火) 03:37:29

絶剣に捧ぐ・・・




日曜日の反省も兼ねて考察。

シャドバのリアルイベントに出てきました。
持って行ったのはビショップです。
当日の午前中に最終調整を行ってとりあえず形にはなったので。

受付直前に準決勝からBO3だということ知ってデッキをもう一つ選ぶことに。
脳死でロイヤルを選ぶ。

結果 32人参加でベスト4。
ビショで3勝、BO3でビショ勝ち、ロイヤルが2タテされて負け。



結論

まずレギュレーションを確認しないってのは論外。
その後の対応も悪かった。
これは後で考察。

正直言って、本気で勝つつもりで出ていなかったしお遊び程度で行ったつもりだったので負けて当然。
ロイヤルに関しては完成度が高いからって理由だけで何も考えずにデッキを選んでたし、BO3のシュミレーションすらしないで行ったのでアホなことしてました。

で、格下に当たって不運に不運が重なってその時になって負けたくないですって・・・
ふざけてんのか、と、なめてんのか、と。
そんな奴が勝っていいはずないだろ。と。
そんな奴が勝つものに何の価値がある。と。




で、だったら真面目に練習しろやって思ったので本日の考察。
23日のBO3に向けて。

今回の敗因はロイヤルが2タテ喰らったこと。
じゃあロイヤルの選択が悪かったのか?
これは違う。
ロイヤルはかなり完成されたデッキで腕力があるデッキ。

問題は、イージスで相手のイージスに勝つ
→ロイヤルでミッドレンジネクロ、イージスに負ける。

つまり、ロイヤルが相手のアグロメタに捕まってしまったこと。

今は亡きぜろろ軍曹を初め、色々なブログを観てみたんですけど、シャドバのBO3は2デッキ制のコンクエストって種類らしいです。
ここではそれ以外には触れません。



とりあえずガタガタ計算してみました。


①デッキAの勝率 60% Bの勝率 50%の場合
先発A→裏Bの時の勝率
60%*(100%-50%*50%)+40%*30%=45%+12%=57%
先発B→裏Aの時の勝率
50%*(100%-40%*40%)+50%*30%=42%+15%=57%

②デッキAの勝率 60% Bの勝率 40%の場合
先発A→裏Bの時の勝率
60%*(100%-60%*60%)+40%*24%=38.4%+9.6%=48%
先発B→裏Aの時の勝率
40%*(100%-40%*40%)+60%*24%=33.6%+14.4%=48%

③デッキAの勝率 50% Bの勝率 50%の場合
勝率
50%*(100%-50%*50%)+50%*25%=37.5%+12.5%=50%

④ デッキAの勝率 100% Bの勝率 0%の場合
先発A→裏Bの時の勝率
100%*(100%-100%*100%)+0%*0%=0%
先発B→裏Aの時の勝率
0%*(100%-0%*0%)+100%*0%=0%

⑤デッキAの勝率 60% Bの勝率 40%
 相手のデッキ Cの勝率 60% Dの勝率40%
先発A→裏B 相手の先発D→裏C
60*(100-50*60)+40%*(50*40%)=42%+8%=50%

 

※↑の勝率は、ランダムな相手のデッキに対してって意味です。



データからわかること、以下、考察。

・BO3で勝つには2つしかない。
 地力のあるデッキ2つで攻略する①、相手の片方を2タテする④。
 当たり前だけど、二つのデッキで勝たなければならない。
 それはつまり、相手に二つのデッキで勝たせない、ということと等価。

・先発、裏は関係ない。
勝ったデッキは使えないという特性上、強いデッキを裏に持ってくる方が良さそうに見えるがそんなことはない。自分がランダムデッキに対しての地力のあるデッキ2つの場合(①、②、④)でも、特定のメタ2つ(⑤)でも変わらない。

・デッキに高い勝率は必要なく、低い勝率を減らすべき。
 ②、③、④の比較が顕著で、自分が両方のデッキで勝つ、相手に両方のデッキで勝たせない。これに尽きる。



以上から、
メタ2つで構成するなら、どれくらいメタに対して勝率が出るか、が鍵である。
例えばアグロメタ2つで構成して、アグロに勝率80%、それ以外に20%だったら、
★相手のデッキAの勝率 100% 相手のデッキ アグロBの勝率 20%の場合
相手の先発アグロ以外→相手裏アグロBの時の相手の勝率
90%*(100%-80%*80%)+0%*20%=90%*36%=32.4%
つまり67.6%の勝率

比較として、勝率60%のティア1二つの構成だと、
①デッキAの勝率 60% Bの勝率 60%の場合
先発A→裏Bの時の勝率
60%*(100%-40%*40%)+40%*36%=50.4%+14.4%=64.8%
つまり64.8%の勝率


結論
メタ2つの欠点はメタに当たらないことだけど、上位のデッキがほぼ必ず当たるなら全然あり。後は1位以外価値がない大会とかでも使いやすいはず。
ティア1二つの成績は大会の試合数に反比例するので大型の大会では難しい。特に、上位に行けば行くほど勝率も下がるだろうから。
詳しくはその大会の過去のデータとか、自分の勝率と照らし合わせる必要がある。

以下よくある誤解
・異なるデッキタイプ2つで2タテを狙う。
 意味ないです。ストレート2タテを狙うということはストレート2タテを狙われるということと等価です。そうでないなら単純にマッチ運が良かっただけか先発のジャンケンで勝っただけで異なるデッキタイプ2つを持って行ったおかげではありません。
・偽装構築について
 超越に偽装して初戦でアグロを秘術で倒す。一見理にかなっていますが、意味ないです。ストレート2タテを狙うときは先発の相性で結果が決まりますよね。初戦で相手が超越+コントロールを見てアグロを出してくれれば良いですが、出す順番は関係ないと↑で説明しました。どうやらBO3は、手の内を読むとか駆け引きをするとかそういった類のゲームではないようです。唯一あるのはマリガンで優位になるくらいでしょう。
 

今回書いていて思ったのは、初めはティア1二つ安定だろうと思っていたけど、本当に勝ちたいなら運ゲーをする覚悟も必要なんじゃないかと思った。
実力による勝率と当たり運による勝率、それらはどちらも区別できないはずだけど、なぜか前者の負けは納得できるし後者の負けは納得できない。
勝率が高いから握るのであってティア1だから握るのではない。
自分が納得できるか納得できないか?悔いがない選択は?とかそんなことはどうでもよくて、やっぱりどこまで自分を否定できるか?どこまで自分を捨てられるか?それが強さなんじゃないかと思った・・・

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する