スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼とイージスビショップ

  • 2017/05/04(木) 06:24:48

絶剣に捧ぐ・・・




お久しぶりです。
今回はシャドバについて書きます。

新環境になってからイージスばかり回してるんですが、どんな構築なの?って気になる方もいると思うので。
イージス5/4
イージス戦績5/4まで

勝率から見ると、超越と復讐ヴァンプは無理です。
コントロールの宿命ってやつですね。

環境のトップメタであるランプドラゴン、アグロ、ミッドレンジネクロには微有利です。
マスターもピンからキリまでいるので、本当に強いドラゴン、ネクロ相手だと負けることはないでしょうけど大きく勝ちこすこともないでしょう。
一応戦えるデッキだということで解説していきます。



今回は構築について。プレイは次の記事・・・もしかしたら動画撮るかも。


確定枠
イージス確定枠

レディアンスエンジェルは確定枠に入れるか迷いましたが、ドラゴン、ネクロ、両方に強く、他の5マナ域が一段劣るので確定枠としました。


これらは全て3積みです。強いカードは3枚積む!弱いカードは積まない!これ鉄則。
イージス何枚ですか?って聞かれたことあるんですが、マリガンで飛ばしますからその後9ターン目まで11枚ほどドローします。
3枚でも期待値1枚に届かないですよね。

確定枠については何も言うことはないと思います。



続いて自由枠
ここからは構築の復習も兼ねて。

確定枠を取った後の自由枠は何を考えながら組むのか?
まず、3マナ域と4マナ域、5マナ域が膨らみそうだ、というのはわかるでしょうか?

マリガンで2マナ、3マナ域を抱えてスタートするのでどんな構築でも4マナ域は膨らみます。
2マナ、3マナ域は探しに行くだけ、勝負するのは4マナ以降、が私の構築でした。

3マナ域が膨らむのはグリームニルのためです。3マナが被るリスクが減りました。

5マナ域が膨らむのはレディアンスエンジェルのためです。
ドローソースがあるなら寧ろ減らせるんじゃないか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これはドローソースに限らず、アグロで火力を別途で計算するのと同じ理論です。
レディアンスエンジェルは5マナですが5マナで出したいカードではないですよね。
じゃあ6,7マナ域増やせよって思われるかもしれませんが、6,7マナ域には特に強いカードがなく、癖のあるカードばかりです。
それにドラゴン、ネクロを見れるという点でレディアンスエンジェルが良いでしょう。


マナカーブが見えてきました。さらに細かく見ていきます。

2、3、5マナ域に選択肢がありそうです。
反面、1、4マナ域の選択肢が少なく、イージスまでの7、8マナが空きすぎですね。
1、4マナ域の狭さはどうしようもありませんが、4ターン目に聖なる願いのドローが入ります。

1マナで盤面に干渉するカードはコントロールデッキなので要らないでしょう。
常に受けにまわるので2マナ以降はそういったカードを取っていきたいところです。



今までのマナカーブ作成の過程を整理すると、
①デッキタイプでの期待値計算(今回はコントロールなのでかなり期待値に沿って作りました。)
②確定枠のエンハンス、ドロー等による影響を考察
③自由枠の得手、不得手による影響を考察


で、完成したのが↑。

1マナ域が少ないので白兎を採用。
ここが一番怪しいところ。
5マナをもう1枚ここにしてもいいし、この枠を3マナに回すのもありだと思う。

2マナ域は現在アグロネクロが少ないので獣姫採用。
ユニコの枠は、やる仕事は同じなので自由度が高いと思う。
自分は2マナで出て一番強いユニコを取った。
後半腐らないカードが好きな方はそっちをどうぞ。

枚数に関しては、期待値で最低6枚、しかし、法典が先攻で腐るので1.5枚に換算、気持ち+0.5枚、よって8枚。
かなり期待値に寄せて組んだので、格下想定なら9枚でもおk。
今はアグロネクロが本当に少ないので。
多かった時は獣姫なしの9枚だった。

3マナ域が少ないのは強いカードがなかったので。
教会の護り手は2マナとトレードできないのが微妙。
肝心の守護も、一番止めたいゼルの進化を止められないので見た目ほどの価値はないと感じた。
一応グリームニルでは死なないが・・・
プリズムプリーストは序盤はテンポ、終盤バリューの法則に反するので不採用。
見習いシスターはスタッツ、スレッジは進化をイージスに使いたいため、力比べは比べる必要がないため不採用。

クレリックランサーはエンシェントレオスピリット、ソニアと比べた上で採用。
アグロネクロが多く、ドラゴンが少なければエンスピを採用。
ソニアはスタッツが悪いので不採用。
確定単除去はドラゴンが多ければ。

6マナは6枚でも問題ないが、2枚目の苦罰が赤点なため5で抑えた。

ルシフェルの枠は普通は大修道女だが、バリューが高いルシフェルを取った。
プレイしていればルシフェルの方が良いことに気づくと思う。

バハムートはなくても問題ないので不採用。



カードの個別レビューは本質的じゃないから嫌いなんだけど書いてみた。
重要なのは、そのカードのピック理由じゃなくて、どんな理論、考えに基づいてピックしているか、だと思うから。
強い人がどんなデッキを組んでも強いのはそういうことだと思う。



それでは、ラダーの途中でお会いしましょう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。